は  じ   め  に  津なぎさまち   生徒会誌に投稿   ぐるっと津めぐり  高  田  本  山
北 畠 神 社 地 域 の 紹 介 活性化をめざして1 活性化をめざして2 ト  ピ  ッ  ク

                                         大学受験のための数学ⅠA
                                    
大学受験のための数学ⅡB
 
                                  (共通テスト対策 BEST 40)



   


   

 

 

 

 

 よ

 

       
      

  Since   2004. 2 .21                                              Last Update   2020. 10. 27


津駅に駅前花壇を・・・津は観光地への通過点であってはならない

津の町が観光客で賑わう・・・それは夢の世界でもなかなか難しい。しかし500年前には「日本三津」とよばれ、日本でも有数の大きな港町として発展、また江戸時代には藤堂高虎32万石の城下町として、「伊勢は津でもつ、津は伊勢でもつ」と伊勢音頭にうたわれ、参宮に行き交う宿場町として賑わい、大きな安濃津城の近くでは休息をとる旅人も多かっただろう。
明治時代には津偕楽公園にて博覧会を開催、多いときには1日の入場者数が津の人口を上回る観光客でいっぱいになったという。
また大正時代から戦前にかけては日本最大の紡績工場である東洋紡績津工場が船頭町にあり産業の面でも活気のある町並を形成してきたが、戦後は静かな町になってしまった。
「歴史は繰り返す」という言葉があるが、なにかのきっかけから津の町は昔の賑わいを取り戻す気がしてならない。
                                

                津は観光地になれるか? 

「日本一短い町村名である津(地元では「つぅ」と呼んでいる)市は、2006年1月1日に10市町村が合併して新生津市(人口約30万人)が誕生した。三重県の県庁所在地であるため、商業・業務の集積はあるが、中心市街地の活性化が課題となっている。そんななかで、津は歴史・文化の宝庫であり、津も観光に力を入れている。
昨年11月に津の歴史的町並み等を現地交流事業の一環で視察した。これまでバス1台で日帰りできる地域には殆ど出かけ、三重県では亀山・関や伊賀上野、松阪、桑名、鈴鹿さらには伊勢(おはらいまち、河崎町)と多くの地を訪問したものの、津は現地交流事業66回目にして初めて行った地域となった。つまり、津は歴史・文化観光の対象としてイメージされない都市の一つである・・・・・

今回、てんむす、いちご大福、たいやき、味噌かつ、ベビースターラーメン、肉まん・あんまんの発祥の地であり、名物がうなぎであることを恥ずかしながら初めて知った(「発祥」というのは、店によって色々言い分があるのだろうが)。
どの地域にも人が生活している限り、独自の歴史・文化はあるはずである。しかし、うまく掘り起こせなかったり、それが惹きつけるだけの物語を描けなかったり、仕掛けがなかったりしている。先の「発祥の地」も名古屋まで伝わってきていない・・・・・」

(株)都市研究所スペーシアが「津は観光地になれるか?」の論説をホームページに掲載している。
名古屋から津の町の観光にやってきて、日本三観音の一つである津観音、全国で5番目に大きな木造建築である高田本山、藤堂高虎32万石の津城址などの観光スポットを訪れたようだ、それにしても「津の町」の様子をよくとらえている。


     
       津は観光地になれる!

津の町は静かな町より賑わう町がよく似合う、歴史は繰り返すということわざがあるが何かのきっかけから、昔の賑わいを取り戻してもらいたい。津が観光地になるにはどうしたらよいか考えてみた。

1 記念館を建設して、安濃津港を映像、模型で再現する
昔の津港は安濃津港と呼ばれ、南さつま市の坊津、福岡県の博多津(現在の博多港)とともに日本三大港として活気のある町並みを形成していたが、500年前の明応地震により安濃津港が陥沒してしまった、その港の痕跡は何も残っておらず、書物に記録があるだけである。
そこで津観音東側の公園に記念館を建設、その一階部分にバーチャルリアリティ(仮想現実)で当時の活気のあった安濃津港の様子を体験したり、港町や安濃津城、宿場町の様子を映像や模型などで再現する。


2 津観音地下に回廊の建設
伊勢参りの行き帰りにはかならずお参りしたという津観音であるが、善光寺や清水寺のような回廊を建設したら・・・
津観音と回廊とは何も関係ないといえばそれまでだが、建設自体はそう難しい問題ではない。津観音近くの地下に人が入れるような土管を埋設して回廊を造り、土管の内部を板張りすればよい。
 

3 名松線にSLを運行
SLの運行については時々話題になるがまだ実現していない、つまり松阪、伊勢奥津間にSLを運行し、昼食には山菜料理、北畠氏館跡庭園、霧山城址などを見学する。すると終点の伊勢奥津駅ではSLの方向を逆にする転車台の建設も必要になってくる。

4 榊原温泉でボーリング
県内には熱い湯が吹き出る温泉は少ないが、枕草子には日本三名泉のひとつである榊原温泉が紹介されている。、ボーリングにより熱い湯が吹き出る温泉の出現に期待したい。
5 水の流れる小川を商店街に
大門商店街に岐阜の郡上八幡や福島の大内宿のような水の流れる小川の建設をして鯉などを放流すると、散策に自然に人が集まるようになる、水車の設置も最高。
 
   

6 津駅前に駅前花壇
津駅東口に大きなフラワーポットを配置、季節の花で駅前を飾ったら、これは容易にできる。
そして駅前北方向にある駐車場に本格的な花壇を設置したら、津には全国的に知られた植物園があり、植物園の適切なアドバイスを受け、木々の間からミストシャワーが降り注いだり、ジャスミンの香り漂う花のトンネルや、川のせせらぎを造れば観光客もやってきて・・・

7 田んぼアート、花の迷路
とことめの里一志に田畑一杯に花が咲く光景をよく見に行ったことがある。そのシーズンには幅が広い歩道橋のような建造物を造り、その上からアートを観賞することになる。兵庫県豊岡市但東町では毎年たんとうチューリップ祭りを開催、チューリップアートを見ようと多くの観光客で賑わっているまたひまわり畑の中を歩いて出口をさがす迷路の遊びも最高。

8 五連水車
今ではすっかり見かけなくなった水車であるが、青山高原や経ヶ峰をバックに五連水車が動く様子を想像したい。
インターネットをみると、温泉のボーリングは1mの穴を掘るごとに10万円が相場となっているうえ、約1,000mは掘る必要があるため単純計算で1億円かかる、また五連水車はその制作に関わる会社が広告を掲載していて、大型水車は直径 3m 670,000円であるが、そのほかに設置にかかる経費がいるものと思われる。
各地域の公園に人工の水の流れる川を造成し、いろいろな水車を一基ずつ設置し、水車の町としてアピールしたら・・・、戦前には各地域に水車が存在していたから。

                                               
9 安濃津城の復元
全国には多くの城が存在し大切に保存されているが津には角櫓しかない。400年前に津の町づくりを手がけた藤堂高虎は伊賀上野城を戦いの城、安濃津城は居住の城としていたため天守閣はなかったが、津市には精巧な安濃津城の模型が展示されている。
明治時代に安濃津城の大きな外堀が埋められ住宅地となり、美しい石垣が施工されていた内堀の多くが第2次世界大戦のがれきで埋められたのは残念であるが、安濃津城の復元も忘れてはいけない。

 
   
                                                                                   10 海の玄関から陸の玄関へ
百五経済研究所は、2007年に津市内の市街地活性化策として次世代型路面電車(LRT)の活用を提案するリポートを公表した。
総合文化センターから津駅を経由して津なぎさまちを結ぶもので、「海の玄関」の津なぎさまちと、「陸の玄関」の津駅を結びつつ、官公庁や商業、文化施設をルートに盛り込んだものとなっている。(津なぎさまち、大門商店街、三重会館、市役所、竹内病院、鳥居町、県庁、津駅西口、美術館、博物館、総合文化センター)
LRTはヨーロッパ諸国で広く普及しており、鉄道と異なり道路から直接乗り降りでき、電車の床も低いため高齢者らに優しく、バスや自動車と異なり排ガスを出さないため環境にも優しいとされるが、この提案は大きな話題にもならず消滅してしまった。
総延長は6キロ。単線でも10分から15分間隔で運行できるといい、事業費は60億円から100億円程度と試算、導入には採算性や財源の問題が大きな課題となっているが、地域活性化などに大きな影響を与えるものと思われる。
  

         
           
                             駅 前 花 壇


津駅前に大きなフラワーポットなどを設置したり、津駅表口北側の駐車場に季節の花で駅前花壇を造ったら・・・
津には全国的に知られた植物園もあり、植物園の適切なアドバイスを受け、木々の間からミストシャワーが降り注いだり、ジャスミンの香り漂う花のトンネルや川のせせらぎを造ったりすれば遠くから観光客がやってきて・・・
  



             

                                       塩尻駅の駅前花壇
      
     
              
北上駅の駅前花壇



蒸気機関車が展示されている会津田島駅の駅前花壇




福島駅前の花時計



出雲市駅の駅前花壇

          
                 
     

茅野駅前のかえでの小径
  
                

  日本三津

鹿児島県南さつま市のホームページには、「黒潮が岸辺を洗う坊津町は、むかし唐の港と呼ばれ、伊勢の安濃津、筑前の博多津とともに日本三津(さんしん)とうたわれました。海に迫る山岳が多く、52kmにも及ぶ起伏の多い海岸線は、リアス式美観がひらけ、まるで唐画をみるように松の緑がしたたり、風変わりな岩礁が点在しています・・・」
またある書物には「津が安濃津と呼ばれたころ、伊勢参宮道は海沿いにあった・・・安濃津は中国まで聞こえた日本屈指の港町に発展する」と書いてあるが、ほんとうに大きな港町が津に存在したのだろうか。
昔の安濃津港は阿漕浦から結城浦のあたり、安濃川がこの付近に流れ込んでいた。砂洲が遠くに突出していて安濃の松原といわれ美しい眺めだったという、そして天然の良港だった。
しかし1498 年に発生した明応地震により津は大きな被害をうけ港は陥没してしまった。


     

     交易の様子を展示収蔵している輝津館(きしんかん)から
     みた
風光明媚な坊津
                
世界と九州をつなぐ国際港として大きく発展を続けている博多 


水のきれいな津の海

  日本三観音

全国各地に観音霊場はたくさんあるのですが、そのなかで「日本三観音」と呼ばれる3つの場所があります。
ひとつは東京都台東区にある金龍山浅草寺「浅草観音」。続いて名古屋市中区の北野山真福寺「大須観音」。そして三重県津市にある恵日山観音寺「津観音」です。
かつては伊勢参宮の行き帰りには「津観音」を必ずお参りしたという。

       

浅草観音
  

                      大須観音
       

津観音

  日本三名泉

清少納言の枕草紙117段に「湯はななくりの湯、有馬の湯、玉造の湯とある」
津の榊原温泉は七栗(ななくり)の湯とも呼ばれ、平安時代には既に湯治場として整備されていたという長い歴史を持つ温泉でもあります


                      

  

美人の湯として評判の榊原温泉
     

  日本三武将庭園

室町時代、栄華を誇った伊勢国司・北畠氏の館があった地で、享禄3年(1530)に造られた津市美杉町にある北畠氏館跡庭園と滋賀県高島市朽木にある旧秀隣寺庭園、越前一乗谷朝倉氏庭園を加えて、三大武将庭園といわれています



                     

 

往時の面影を偲ばせている北畠氏館跡庭園 
    

 
  伊勢はサミット効果で空前のにぎわいを見せている
 

    

大門商店街に立てられた看板



   伊勢は令和の時代になっても大変なにぎわい


      
    秘境駅で知られた比津駅

 家城、伊勢奥津間が不通になっていた名松線は28年3月 26日に全線が開通した

  

 

新幹線が名古屋から津を通って大阪に向かう構想があることを始めて知った
                                                        

       
        
     

城崎温泉近くの豊岡市但東町では、春に「たんとうチューリップまつり」を開催し、町おこしをしている

   
         
           結城神社のしだれ梅
     
      
              北畠神社 春の大祭
               

高田本山・お七夜
           
     

          日本さくら100選にえらばれた三多気の桜
              


                   紀勢本線 高茶屋, 阿漕駅間(4.1km)に新駅を

以前に話題になったこともあったが現在ではその話は消えてしまっている。沿線には住宅が建ち並び、大きな企業も存在している。 新駅といっても無人駅でホームは1個あればよいのだから難しい問題ではない、津駅に出るのに便利で通勤客、通学客に喜ばれるだろう、 沿線の自治体で要望したらよいのに・・・


  三重県の津は日本で一番短い名前の町としてよく知られている。以前は津の海水浴場は夏になると県内や関西方面から多くの観光客で賑わっていたが、最近はめっきり少なくなってしまった。津には新幹線も通っていない、自然に吹き出る温泉もない、名所旧跡も少ないので活性化するのは困難かも知れない。
 しかし昔の津は繁栄していた。500年前の地震により港が陥没してしまったが、古代から室町時代にかけての津の港は貨物船の入港も多く活気にあふれていた。2005年2月17日に開港する中部国際空港にあわせて、津港から空港まで高速船が就航するため、港の新設工事が現在急ピッチに進められている。将来は昔のような活気のある港を取り戻すことが出来るだろうか。
 退職後はよく旅行に行くことがあるが、旅先ではどこも活気にあふれている。なんとかして津も活気にあふれた町にはならないものだろうか。
そんなことをいつも思っていると、たとえばテレビでタンチョウヅルが飛来したとのニユースを見ると津にも来たらいいのになあと思ったり、どこかでモノレールが開通したとの話を聞くと、津も駅前から繁華街の三重会館を経由して新しくできる津港まで新設してほしいと願ってしまう。また有名な人の記念館が建設され、連日多くの人が訪れているとの話を聞くと、空洞化した津の中心部に記念館を建設したら津の町が賑わうのになあと、およそ実現しそうにもないことも頭の中にうかんでくるから、これがまた楽しい。
 明治時代には津で博覧会が開催され賑わったという記録が残っている。愛知県でも2005年3月25日から6ヶ月間、愛・地球博が開催されるので津も近い将来、博覧会を計画してもらいたいと思う。
 もしこの計画が実現したら津市内は観光客であふれ、津は昔の賑わいを取り戻すだろう。そして津駅前から各パビリオンと高田本山、津城址、津観音、美術館、梅の花が咲く時期には結城神社のしだれ梅など見る定期観光バスも発着して・・・と考えていくと、夢ははてしなくひろがり今日もねむれない日が続くのである。
                             2004年2月21日       幾田宗男
       


         

昭和初期の津の観光地図であるが、昭和36年に廃止された近鉄伊勢線が掲載されていて懐かしい。拡大すると津駅近くの部田駅、海水浴で賑わった津海岸駅も見ることができる。


                                                                                               
                             
は  じ   め  に  津なぎさまち   生徒会誌に投稿   ぐるっと津めぐり  高  田  本  山
北 畠 神 社 地 域 の 紹 介 活性化をめざして1 活性化をめざして2 ト  ピ  ッ  ク
1